タープ
2012-04-01 (日) | 編集 |
DSC_47880029_R.jpg
コールマン
ヘキサタープM
追加ポールを2本追加して居住性を高めてある。設営もしやすい。生地はヘタりつつあるようですが、雨と日光を防ぐにあたって何の問題もありません。
焚き火台
2012-04-01 (日) | 編集 |
スノーピーク
焚き火台S
DSC_35400065_R.jpg
キャンプの定番の焚き火台
Sサイズなので焚き火を楽しむにはやや小さいが、その代わり山へ持って行けなくもない
写真はクッチャロ湖キャンプ場にて
さかいやテント他
2012-04-01 (日) | 編集 |
78765.jpg
さかいやオリジナル
ゴアドームテント 1~2人用
槍の肩にて
シュラフ・マット
2012-04-01 (日) | 編集 |
カスケードデザイン
ウルトラライトロング
DSCF0213_R.jpg
メーカー発表では680g。付属の収納バックがキツくたたみ直す事が多い。現行モデルは軽量化が図られている。
ライト・ランタン
2012-04-01 (日) | 編集 |
DSC_0031_R.jpg
ライトとランタンの紹介。
ヘッドライトとガスランタン、ガソリンランタンの3種類になります。
トラメジーノ
2012-04-01 (日) | 編集 |
DSC_56490085_R.jpg
スノーピーク
トラメジーノ
主にホットサンド(クロックムッシュ)を焼くことが多いが、焼き方のバリエーションも豊富。アルミダイキャスト製。弱点を嘆くより特性を生かして使いたくなる一品。
コンロ
2012-04-01 (日) | 編集 |
バーベキューコンロ
DSC_47640005_R.jpg
しちりん
ホームセンターで980円で購入
七輪は優秀ですね。どんなバーベキューコンロでも七輪には敵わない
あえて弱点を探せば、重量がある事と大人数には向かない事くらいか
一度に多く焼けない事はメリットでありデメリットでもある
ガソリンバーナー
2012-04-01 (日) | 編集 |
MSR ウィスパーライトインターナショナル
スノーピーク ギガパワーWGストーブ
DSC_47620003_R.jpg
山、ハイキング、キャンプなどでは基本的にガスではなくこれらのガソリンバーナーを使います。

ガソリンバーナー
2012-04-01 (日) | 編集 |
ガソリンバーナー
DSCF0033_R.jpg
コールマン
ツーバーナー
定番のツーバーナー。これは二台目でツーバーナー専用の厚めの鉄板も所持。コールマンのガソリンモデル全てに言えますが、必ず燃料漏れが生じるのでメンテナンスは重要になります。専用スタンド、ガソリンフィラー、ポンピングアタッチメント(ちょっと正式名称が出てこないが、ポンピングをラクにする道具)、メンテナンスキットを常備。
ガスバーナー
2012-04-01 (日) | 編集 |
ガスバーナー
DSCF001633_R.jpg
EPIガス
BPS-Ⅲチタン
実績あるメーカーのバーナー。ガスカートリッジも季節に応じて用意されている。大きさなどの観点からすると、チタン製ではあるものの、後記のスノーピークのステンレス製より重く、嵩張りますが、その分信頼性は高い。さすがメーカー品だけあって、無名無実績のスノーピークとは違います。風防もオプションで用意。
コッヘル・ヤカン
2012-04-01 (日) | 編集 |
コッヘル・ヤカン
DSC_07750095_R.jpg
このエントリーでは最も使用頻度の高いアルミコッヘルとヤカンの紹介となります。
写真は涸沢にて
炭熾し
2012-04-01 (日) | 編集 |
炭熾し
DSC_0141_R.jpg
炭熾しの道具の紹介です
ゴトク・風防
2012-04-01 (日) | 編集 |
ゴトク
DSC_22960013_R.jpg
ユニフレーム
タフ五徳
分離型ガソリンバーナー用の五徳。これは秀逸の一品。
クッカー
2012-04-01 (日) | 編集 |
DSC_22920009_R.jpg
スノーピーク
クッカー№1(鍋)
大中小の鍋が三つと、前項のフライパンのクッカーセット。ステンレス製。
基本はキャンプ用品
山では大人数の時などに出番あり
フライパン
2012-04-01 (日) | 編集 |
フライパン
DSC_95990060_R.jpg
このエントリーでは、上記フライパンの他、ユニフレームのアルミ、ユニフレームのちびパン、スノーピークのクッカー№1付属のフライパン、フニフレームのスキレット10インチ、以上5つのフライパン紹介になります。
ICIゴアライト
2012-04-01 (日) | 編集 |
ICI
ゴアライト 1~2人用
8987.jpg
2000年カラーのオレンジ。ランタンをひっくり返して開けた穴を補修してある。テントとしての性能は良い。さすがに10年を超えると生地が老化していると思われる。
コッヘル
2012-04-01 (日) | 編集 |
コッヘル
DSC_08510171_R.jpg
ここでは、炊飯用コッヘルと、チタンコッヘルを二種類の公開となります。
これは涸沢での炊飯
カップ・コッヘル
2012-04-01 (日) | 編集 |
カップ
DSC_39810109_R.jpg
スノーピーク
マグカップ
300ミリ容量のシングルチタンのマグカップ
ダブルチタンに比べると保温力は劣るが十分使えます
ただ写真のように熱いコーヒーを雪の上に直置きすると一気に冷める
(゜ε゜)
2012-04-01 (日) | 編集 |
ざわ・・
  ざわ・・
(゜з゜)
2012-04-01 (日) | 編集 |
ざわ・・
 ざわ・・