ガスバーナー
2012-04-01 (日) | 編集 |
ガスバーナー
DSCF001633_R.jpg
EPIガス
BPS-Ⅲチタン
実績あるメーカーのバーナー。ガスカートリッジも季節に応じて用意されている。大きさなどの観点からすると、チタン製ではあるものの、後記のスノーピークのステンレス製より重く、嵩張りますが、その分信頼性は高い。さすがメーカー品だけあって、無名無実績のスノーピークとは違います。風防もオプションで用意。

201204012031000.jpg
もつ焼き

Img0048_R.jpg
乗鞍にて
このガスバーナーは使用頻度が低いので、写真は少ない。




スノーピーク
地ステンレス
201204012032000.jpg
ステンレスだがEPIのチタンより軽い。コンパクトなのも良い。紛失のため再購入。ガスストーブは他に4つ所有しているが、何れも使用頻度は高くなく、基本的にバーナーはガソリンモデルがメインで、軽量化を図った場合のみガスバーナーの出番があります。

DSC_03590079_R.jpg
お茶漬けマヨスパの仕込み

DSC_75520148_R.jpg
涸沢にて深夜にラーメン

DSC_35780042_R.jpg
トラメジーノ使用時

DSC_22920009_R.jpg
大鍋やダッチオーブンの直置きでも使った事があります。

DSC_46200072_R.jpg
前記のEPIと同じく、基本はガソリンモデルを使うのでガスバーナーの写真は少ないですね。ただしこのスノーピークはガソリンバーナーと共に持って行って使う事も多い分、EPIよりは出番が多いです。上の涸沢ラーメンや、鍋倉トラメジーノでもメインはガソリンモデルを使っています。その上のチキンラーメンは槍ヶ岳、マヨスパは北鎌尾根で、軽量化を図っているのでガスのみしか持って行っていません。


火器・調理メインページへ戻る

関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: