切明温泉
2012-05-06 (日) | 編集 |
DSC_0369564.jpg
陸の孤島とも呼ばれる長野県栄村の秋山郷。
秋山郷にはいくつも温泉がありますが、その最奥に位置するのが切明温泉。
自分で河原を掘って入る事でも有名な温泉です。
DSC_0404564.jpg
アプローチは新潟県の津南からと志賀高原から志賀スーパー林道からの二ヶ所で、志賀ルートは冬期閉鎖となるため津南からのルートが生命線。津南ルートは道も細く通行に気を使う個所も多い。比較的交通量は少ないが、村民やバスを優先して通行する。豪雪地帯でもあるため、一たび通行止めで道路が閉鎖されるとまさしく陸の孤島となる。
それに対し志賀林道の道路状況は比較的良い。グリーンシーズンはこちらを通り、志賀高原との観光・遊びを組み合わせるのも良いですね。

DSC_52350231_R.jpg
起点となる切明温泉は一軒宿の温泉旅館、雄川閣(写真は足湯)
この宿の駐車場に駐車出来ます。宿では河原を掘るスコップも借りれます。
河原の温泉までは橋を渡って約五分ほど。

DSC_0351545.jpg
源泉は熱め。
短期間で温泉卵が作れるほどに熱くはないが、源泉だけではまず入れない。

DSC_52250221_R.jpg
シーズンだと湯船が残っており、湯船を掘らなくてもそのまま入れることも多い。
もちろん自分で掘って入りたい人は自由に掘れます。
川の水を引き込んで、熱い源泉を上手く調整するのがコツです。

DSC_52220218_R.jpg
人気の温泉だけあって、シーズン中は混みます。
女性などは水着を付けて入浴しています(カップルも多い印象です)
脱衣所などはありません。女性は岩陰などで着替えるようです。
貴重品入れなどももちろんありませんが、目に届く範囲に服や荷物を置いておけます。

DSC_03625654.jpg
シーズンを外れると空いています(この時は貸切り)。
ただし、雪解け水や、雨で川が増水すると入れません。
そして川が氾濫したりすると先客の作った湯船が流されてリセットされます。

DSC_0394564.jpg
こちらは雄川閣の露天風呂。
混浴です。手前の小屋は脱衣所。
右の露出した個所が河原の露天風呂です。

DSC_52320228_R.jpg
宿の露天風呂も悪くありませんね。
湯は湯冷めしにくいあたたかな湯です。

DSC_52260222_R.jpg
内湯です。
河原は混んでいてもこちらは空いている事も多い。
入浴料は300円から500円に変更になりました。
300円だと安すぎ気がしていたので妥当なところですね。
ちなみに河原の露天風呂は無料です。


温泉メインページへ


関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
2014年9月27日(土) 紅葉の苗場山で 北海道ちっくな山ごはん
2014/10/10(Fri) 00:03:49 |  13Bアウトドアブログ