ザック 35L以上
2012-04-01 (日) | 編集 |
ザック・パック・ポーチ
DSC_47970038_R.jpg
【ザックについて基本】ザックにはそれぞれ適正重量と言うモノがある。単純に重量が重いほど重く感じるわけではない。また背負い方も重要。肩の荷重を抜く、腰により荷重を掛けるなど、ベルトで調整する。もちろん、それに応じた歩き方もある。それ以前に自分にあったザックを選ぶ事、パッキングが第一関門。
カリマー
trim35
DSC_41360052_R.jpg
35リットルで900グラムと軽量。トレランやアドベンチャーレース、1dayアタックでも使用。ISOより容量があるので、常に一眼レフを携帯する私には使いやすいザック。
八子ヶ峰にて

カリマー
リッジ40
DSC_0953_R.jpg

カリマー
ジャガー 50-75
5ef92f9e6b3813fd7c0aa5697c583698_R.jpg
最も使用頻度の高い容量。自重は重い部類だが太いナイロンで作られており頑丈。荒く使ってもびくともしないお気に入りのザック。
大雪山にて

カリマー
ジャガー 70-95
6f96a0c93beb70d9cb00ee06e54e1b3f_R.jpg
専用ザックカバーが下に内蔵されている。こちらも重量はあるが頑丈で信頼度は高いザック。最大収納時には意外と大きいサイドポケットも使うため、スキーや三脚などをサイドに挟む事は難しい。
中西山にて

nikon 230765
ジャガー95で内臓ザックカバー使用時
飛騨沢にて


基本装備メインページへ戻る


関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: