なべくら鬼ブナ
2022-05-09 (月) | 編集 |
20220505002.jpg
2022年5月6日
なべくら鬼ブナ
20220506001.jpg
なべくら高原へ
林道最終残雪地よりスタート
(この林道は基本的に自然融解待ち)

20220506002.jpg
イワウチワ

20220506006.jpg
コイワカガミ

20220506005.jpg
ブナ若葉

20220506007.jpg
野沢温泉毛無山を望む

20220506009.jpg
花立山方面を望む

20220506010.jpg
フキノトウと鍋倉山

20220506011.jpg
たらの木が1番芽を出すのはまだ先の様子

20220506012.jpg
残雪とブナ新緑の森へ

20220506013.jpg
雪解け水にふきのとう

20220506014.jpg
ブナの森

20220506015.jpg
素晴らしい

20220506016.jpg
コシアブラもまだ先
ほとんどの木はまだ雪の下

20220506017.jpg
素晴らしいブナの森
1週間前に訪問した越後のブナ美林とやらもブナ好きには悪くなかったが、かなり物足りなさも感じた
やっぱりブナの森はこうありたい

20220506018.jpg
見渡す限りブナの森

20220505001.jpg
素晴らしいブナの森

20220506019.jpg
ブナの森

20220506020.jpg
いよいよ鬼ブナへ

202205052001.jpg
鬼ブナの新緑

20220506021.jpg
ブナの森

20220506022.jpg
ブナ

20220506023.jpg
ブナの森を十分に堪能した

20220506024.jpg
ブナ新緑

20220506025.jpg
今世紀の鍋倉は降雪量と残雪量が反比例する傾向がある
約1か月前の4月10日時点ではまだ多くの残雪を残していたが
その後は雪解けが加速している印象

20220506026.jpg
帰りにフキノトウを摘んでいく

20220506027.jpg
鍋倉を視察

20220505003.jpg
鍋倉西の沢
融雪はかなり早く、新緑はやや早い
ぶなの芽吹きは尾根上まで達している
西の沢は末端まで雪がつながっている
夏道の取り付きはブッシュが出ている

20220506028.jpg
ぶなの駅にて
ざるそば大盛
山賊焼きハーフ×3
15時まで通しで営業がありがたい

20220506029.jpg
本日の獲物
たけのこは新潟産との表記


コースタイム
2022年5月6日(木・祝)
林道(10:30)-鬼ブナ(11:45)-下山(12:50)-鍋倉西の沢(13:20)-いいやまぶなの駅(14:00)
関連記事
スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: