湯俣温泉
2012-04-11 (水) | 編集 |
北海道の温泉が続いたので、ここで信州の温泉でも。
DSC_92550206_R.jpg

湯俣温泉
北アルプスにある秘湯とも呼ばれる湯俣温泉。
今回はハイキング報告形式でやってみます。
写真は信州山遊びねっとサンが川に流されているシーン。
DSC_90580009_R.jpg
七倉ダムからタクシーで高瀬ダムへ。
そこから湯俣温泉を目指して歩きとなる。
ちなみにタクシーは2000円ほど、ゲート開閉時間もあるので事前に確認。夏場は朝早くから乗れます。
ちなみに私はタクシーに乗らずに歩いて行った事が二度あります(うち一回はトレランで山)。

DSC_90740025_R.jpg
高瀬ダムの歩道を歩いて行きます。
林道は途中から登山道ちっくに代わりますが、おおむね平坦。

DSC_91000051_R.jpg
約10キロくらいでしょうか。
もう少しで晴嵐荘です。

DSC_91070058_R.jpg
吊り橋を渡って晴嵐荘へ。
川が氾濫すると橋が落ちる事もあります。

DSC_91190070_R.jpg
晴嵐荘のおやっさんからスコップを借りて湯俣の源泉を目指します。

DSC_91210072_R.jpg
しばらく行くと天然記念物に指定されている墳湯丘が見えてきます。
手前に川の渡渉が確か2度ほどあります。

DSC_91610112_R.jpg
墳湯丘で遊んでみました

DSC_91820133_R.jpg
源泉は激アツ。
タマゴやジャガイモ、ウインナーなどをセット。

DSC_91860137_R.jpg
湯船の制作にかかっています。
源泉から流れてくる湯を川の水で上手く調整するように掘ったり、石を積み上げたりして湯船を作っていきます。
先人が作った湯船をちょっと直して入れる場合もありますが、今回は原型がなかったのでイチからの制作となりました。

DSC_91960147_R.jpg
良い感じで出来てきました。

DSC_92090160_R.jpg
さっそく入浴します。
ちょうど良い湯加減の温泉が出来ました。

DSC_92340185_R.jpg
湯俣温泉

DSC_92130164_R.jpg
私も発泡酒片手に入浴
なお、お見苦しいのでモザイク処理してあります。

DSC_92320183_R.jpg
温泉リゾートですね

DSC_92660217_R.jpg
ランチになります

DSC_92650216_R.jpg
温泉茹であげの食材

DSC_92950246_R.jpg
折角なので晴嵐荘の内湯にも入って行きます。
到着時にポンプで組み上げて湯をはってくれるようにお願いしておきました。

DSC_92860237_R.jpg
秘湯とも呼ばれる湯俣でした。



温泉メインページへ


関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
懐かしいっすね。
2012/04/11(Wed) 14:13 | URL  | 湯股が好きな人 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 懐かしいっすね。

はい。
あの時は同行者兼現場監督の湯股が好きな人サンにこき使われて、湯船制作要員として働きました(^ε^)
また行きたいっすね。
2012/04/11(Wed) 21:04 | URL  | 13B #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: