上高地焚き火キャンプ
2018-03-15 (木) | 編集 |
_DSC8213.jpg
2018年3月10日~11日
上高地焚き火キャンプ漢呑み
盛りだくさんの内容です。前後編に分けず一気に行きます
3月10日(土)朝、沢渡に集合
4人+大型ザック5つほか大荷物ですが、タクシーさんのご厚意で1回で中の湯へ
ザックの一つは焚き火アイテムを入れてあり、釜トンネルは台車で押す作戦
これがキツイの何の。3人交代で何とか引っ張り押し上げた

_DSC8146.jpg
上高地トンネルを抜けカーブを曲がるとドーン!
思わず歓声が上がる

20180311004.jpg
大正池
(写真提供kinta兄さん。カメラはD850)

20180311000.jpg
大正池で台車からソリに切り替える
(写真提供kinta兄さん。カメラはD850)

_DSC8156.jpg
河童橋
意外と人は多くなかった印象
過去100回以上は来ているが、訪問としては久しぶり

_DSC8159.jpg
穂高
良い天気と良い景色

_DSC8166.jpg
焼岳とanby隊長

十分に眺めてから小梨平へ
しかし雪が少なく、イグルーは作れず
テーブルベンチを拠点とし、そのまま宴会突入

_DSC8170.jpg
お酒各種
・ビール9本、うち1本はザック内で破損漏れorz.
・日本酒は純米酒2リットル+八海山+アルクマ瓶(菊水の辛口)
・白岳(米焼酎)
・ワイン2種、ポンジュースはロゼワイン

_DSC8192.jpg
持参の薪は約17キロ、通常キャンプのだいたい1回分
2年乾燥させたクヌギ、サクラ、ブナ

_DSC8179.jpg
B6君用に小さめに薪をカット
イグルー作りに1人一つ持参してきたノコギリの出番となりました

_DSC8183.jpg
anby隊長のB6君燗グリル
お燗しつつ、おつまみを焼ける優れもの
写真は千葉のイワシ

_DSC8194.jpg
続いて焼き鳥
ご覧の通り雰囲気最高
出だしからこのペースで良いの?ってくらい酒を飲んでいく

_DSC8196.jpg
そして米沢牛のサイコロステーキ
150g×4と奮発されていました

_DSC8202.jpg
ヒマラヤのピンク岩塩で

_DSC8216.jpg
漢呑み風景
ちなみにテント各自3張り、タープ1

_DSC8219.jpg
白菜と豚バラのミルフィーユは崩壊orz.
ぎゅうぎゅう詰めに形よく詰めて来たが甘かった
再形成を試みるも諦める

_DSC8225.jpg
anby隊長のあんこう鍋
昆布で出汁をとってから、鮟肝四分の一ほど溶かし込んでいる

_DSC8227.jpg
漢のろうそく風景

_DSC8231.jpg
メインディッシュは絶品のあんこう鍋
美味しゅうございました

_DSC8240.jpg
私の寝床
風があった場合の宴会場用に念のためタープを用意していた
イグルー泊のつもりだったのでテントは持参していない

_DSC8245.jpg
得意の長芋の豚肉巻き
じつはコレがメチャ美味なんです
15個×2を用意

_DSC8247.jpg
豆乳を投入して煮込んでから、すりゴマとカマンベールをドン!
この後、チーズが軽くとろける程度に温めて完成
ごま油は事前に回しかけ済み

20180311003.jpg
穂高と星空
(写真提供kinta兄さん。カメラはD850)

20180311002.jpg
天の川銀河
(写真提供kinta兄さん。カメラはD850)

_DSC8263.jpg
焚き火キャンプ風景
23時頃に就寝となる

_DSC8274.jpg
翌朝も焚き火&ビールから
朝飲み用にビールを確保しておいた
ちなみに日本酒も1.5合ほど冷で飲みました(゜゜;)

_DSC8284.jpg
朝焼けの穂高
モルゲンロート狙いで誰も居ない河童橋に陣取り、20分動画を回した
天気は良い。しかし、朝焼けにはならず、おまけに動画は白とび露出でお蔵入りorz.

_DSC8288.jpg
朝焼けの焼岳

_DSC8289.jpg
鯛の御頭入り炊飯
米は3合

_DSC8293.jpg
昆布と鯛でだし取り

この間、anby隊長の雪遊びがあります
・ショートトラックからパシュート(実は北〇鮮ちっくな殺〇スライディングまで撮影したが、時間の関係で動画には入れられなかったorz.)
・カーリング(北海道ちっくな有名発声シーンも、同上)
・男子フィギュア(クマ(とトナカイのトニー君)のぬいぐるみが投げ入れられます)
・メダル授与式
動画でどうぞ

_DSC8304.jpg
anby隊長の海鮮しゃぶしゃぶ
鰤と鯛がきれいに並べられました
相変わらずスゴイですね。鯛は自分でさばいたものでしょう

_DSC8306.jpg
海鮮しゃぶしゃぶ
朝から豪華な食事を頂きました

_DSC8308.jpg
kinta兄さんのベーコンエッグ

_DSC8314.jpg
ご飯が炊きあがったら、とても良い出汁の出ているしゃぶしゃぶの汁をかけて

_DSC8316.jpg
キャンプの朝食

_DSC8328.jpg
キャンプ風景

_DSC8333.jpg
写真の山珈琲マスターT氏の自家焙煎豆を挽いてもらった
お湯はヤカンで沸かし、山専ボトルに移して淹れる

_DSC8337.jpg
硬派なマシュマロ登場

_DSC8342.jpg
これぞ究極の漢呑み!

_DSC8344.jpg
男の硬派なチョコレートフォンデュ

_DSC8354.jpg
記念撮影

_DSC8359.jpg
河童橋にて。ちょっと露出が悪くorz.
時刻は11時前、空は白くなってきた

20180311001.jpg
帰りは荷物が軽くなる
(写真提供kinta兄さん。カメラはD850)

_DSC8373.jpg
大正池にて

_DSC8379.jpg
上高地トンネル

_DSC8380.jpg
釜トンネルへ
帰りのタクシーは1度に乗れず、先行組と後行(先行組がお迎え)に別れて沢渡へ
ちなみに中の湯卜伝の湯(ボクデンの湯)は休業dayとの事
この後、温泉&ランチ会で打ち上げも行いたかったのですが、私の所用で解散となりました(実は前日の重要会議もバックレての出撃orz.)

お疲れ様でした
年度末の忙しい中、この日しかないと言う日時で調整し、見事に晴れてくれました
イグルーは出来ませんでしたが、充実、大満足の上高地焚き火キャンプでした


コースタイム
2018年3月10日(土)
沢渡(8:00~9:10)+中の湯(9:30~9:40)-大正池(11:00~)-河童橋(13:00)-小梨平(13:30~)
2018年3月11日(日)
上高地(10:50)-大正池(12:15)-中の湯(13:10~13:40)+沢渡(13:30~14:00)


2018年3月10日~11日上高地で漢呑み焚き火キャンプ
雪が少なくてイグルーが作れず、テント&タープ泊になりました。上高地から穂高の大展望、B6君燗グリルでのおつまみ&熱燗、あんこう鍋ほか、焚き火キャンプや雪遊びの様子など
6分20秒と長くなってしまいましたが、盛りだくさんの内容、最後まで一気にご覧いただけます

トラックバックは2件
中の湯卜伝の湯

中の湯温泉 卜伝の湯...
中の湯 卜伝の湯


上高地2012年2月11日

anby隊長が伊勢海老を捌いて河豚と共にフライを揚げた伝説の厳冬期上高地
上高地2012年2月11日



関連記事
スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: