志賀高原大沼池~四十八池~大沼池
2017-10-10 (火) | 編集 |
20171009000.jpg
2017年10月8日
志賀高原四十八池~大沼池
秋の山ごはんランチ会

志賀高原前山へ
紅葉は今一つな印象ながら、天気はとても良い
何やら今年の志賀高原辺りの紅葉は遅れ気味なだけでなく、
色づく前に葉が散っているような印象も受ける

20171008001.jpg
飛騨山脈が良く見える

20171008002.jpg
北信五岳も良く見える

20171008003.jpg
四十八池と裏志賀山

20171008004.jpg
四十八池で撮影会

20171008005.jpg
途中の展望地から大沼池
本当はもっと高い場所から眺めるつもりが、
何分ヘタレ野郎で御座いますorz.
尚、信州山遊びねっとサンは1人で+裏志賀山を往復

20171008006.jpg
大沼池の大蛇神社へ寄る
そこからエメラルド大沼(ランチ地点)の眺め

20171008007.jpg
エメラルド大沼前にて
小屋は営業休止中のようでした
テーブルベンチを使わせて頂きました

20171008008.jpg
大沼池
ランチ滞在中は、見た事ないくらいのハイカー数の賑わいを見た

20171008009.jpg
風景

20171008010.jpg
大沼池の紅葉

20171008011.jpg
仕込んできた山ごはん
・得意の鹿児島産黒豚を念入りに炒めたとん汁
・戸隠産マイタケと坂城産クリタケの炊き込みご飯
コメは事前に吸水済みで、新たに水を加えた所

20171008012.jpg
秋の飲み物

20171008013.jpg
ワンバーナーで炊飯と豚汁を同時に仕上げる
(一応、ガスバーナーも持参している)

20171008014.jpg
山ごはん
今秋はキャンプが出来そうもないので、
今回はキャンプなみにウデにヨリをかけて仕込みましたが出来はややイマイチかorz.
やはりイッポンカンコウ(ウラベニホテイシメジ)がないのが痛いッ!痛すぎるorz.

20171008015.jpg
炊き込みご飯+とん汁と、秋の味覚十分な山ごはんではある
ただし味は別なのがちょっと悲しいorz.

20171008016.jpg
山ごはん

しかしアレですね
秋の紅葉の好日は山小屋にとって最も稼ぎ時であるはずですけど、
たいていの訪問者は自前でお昼を用意してくる、
しかし仮に訪問者全員が食事利用したとても、とても利益は出ない
誰もカネを落さないのに、し尿は山ほど溜まっていく。難しい
(ガイドや、志賀高原に宿泊などで経済効果がない訳ではない)
ただ、志賀高原は冬季を除けば食事処が極端に少ない特徴と、病的なほど閉鎖的な地元の某組織が牛耳っている田舎社会である

20171008017.jpg
珈琲タイム

20171008018.jpg
記念撮影
今日は普通の普段着で来てしまったorz.
しかも前日と同じ服で前夜も風呂に入っていない(*´-`)

20171008019.jpg
大沼池

20171008020.jpg
風景

20171008021.jpg
景色

20171008022.jpg
大沼池湖尻にて

20171008023.jpg
紅葉風景
林道(後半はショートカットの登山道)を歩いて、クルマ1台をデポして置いた大沼池入口へ

20171008024.jpg
絶好の行楽日和
志賀草津ルートを行き交うクルマやバイクも多かった
写真は横手山

20171008025.jpg
ヤマボク
志賀高原からはヤマボク経由で帰宅
しかしいつもの七味温泉には入れずorz.


コースタイム
2017年10月8日(日)
硯川(8:05)-前山(8:25/8:40)-四十八池(9:25/9:45)-大沼池(10:40/13:50)-大沼池入口(14:15)
*より詳しい記録は上記リンクのヤマレコをどうぞ


2017年10月8日志賀高原、前山~四十八池~大沼池
池巡り紅葉ハイキングのほか、きのこの炊き込みご飯、豚汁など山ごはんの様子

この志賀高原大沼池は、麓のバラが見頃を迎え、山では山菜が出る頃に来る事が多い
山ごはんもいろいろ
2017年6月17日こしあぶら天ぷら+たけのこ汁
2016年7月10日ハンバーグ+タケノコ汁
2015年10月3日アクアパッツァ
2015年7月11日たけのこ汁+おむすび+おかず弁当
2014年9月13日おむすび+おかず弁当+小屋のたけのこ汁

やはりタケノコ汁絡みが多いですね
同時期には同じ志賀高原の焼額山たけのこランチ会や、GWにシーズン最初のコシアブラ天ぷらの前山もしくは鉢山も毎年恒例
もっと前なら熊の湯や東発哺の宿に泊まってのスキー合宿が毎年恒例だった時代もある。まぁ大人になってからはスキー滑りに行くと言うより、ナ○パや、温泉&麻雀しにいくようなモンだったけどねorz.志賀は温泉も良い
ちなみに天下のプリンスホテルが地元を牛耳る某組織に割り込んで焼額山へ進出したのは、500円玉硬貨が発売された頃。出来たばかりの焼額山スキー場は余り人の手が入っておらず、今でいうところのバックカントリーちっくな雰囲気のあるスキー場で楽しかった。ちなみに栂池天狗原のヘリスキーもその頃(約35年前)にはあった。焼プリグループの創始者のドンなんか所○の本社から2,30分でヘリで飛んで来とった
また、その当時は大沼池には幕営地もあったかな
のーがき失礼しました(*´-`)
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: