白馬岳
2016-07-07 (木) | 編集 |
20160701030.jpg
2016年7月1日
白馬岳


白馬岳へ
明るく見えるがまだ4時半前

20160701018.jpg
大雪渓へ
昨年同時期より2~3mほど残雪が少ない

20160701019.jpg
白馬大雪渓
上部は写真の通りですが、ココまでは山から下りてきたガスに包まれていた

20160701021.jpg
雲海が広がる

20160701020.jpg
大雪渓を抜けた所から一眼レフ二台体制
いよいよお楽しみのお花の時間

20160701000.jpg
テガタチドリ
花の写真はほとんどマクロレンズで撮っています

20160701022.jpg
キンポウゲのある景色

20160701001.jpg
得意のシオガマギク
ヨツバシオガマは特に好きな花

20160701006.jpg
ミヤマシオガマ
見分け方は大丈夫ですね?特に似ているミヤマシオガマとタカネシオガマ
葉の付き方と花先の尖り具合がポイントですよ

20160701002.jpg
ウルップソウ

20160701003.jpg
クワガタ系

20160701004.jpg
イワベンケイ
雄花と雌花で異なる雌雄異株。ひと目でわかる見分け方は葉
オンナしょは根元の葉が大きく、野郎株は上の葉が大きくなる傾向がある。ただし必ずではない

20160701005.jpg
シナノキンバイ

20160701007.jpg
ショウジョウバカマ

20160701023.jpg
ガンバレ

20160701008.jpg
フラワー

20160701009.jpg
お花

20160701024.jpg
雪どけ水でビールを冷やします
村営宿舎の水場にて

20160701025.jpg
得意の花壇

20160701026.jpg
稜線へ出ると剱岳がカッコイイ

20160701027.jpg
白馬

20160701010.jpg
ウルップソウ白花品種
白馬のシロバナも多くなった。今回は4か所で見た

20160701028.jpg
白馬

20160701029.jpg
白馬
この景色、たまりません

20160701011.jpg
ツクモグサはもう終わり
昨年に続き今年も早かった

20160701031.jpg
今日は一眼レフ三台体制で臨んでいる
ニコンD7000+35mmF1.8 
ニコンD70+90mmF2.8マクロ
P社ミラーレス14-34mm

20160701032.jpg
本日のランチは麦酒のみ
他にヤク2種類
本気の時に持参するフルカラー500ページの花図鑑

20160701033.jpg
記念撮影

20160701012.jpg
ツクモグサ

20160701013.jpg
ミヤマキンバイ

20160701034.jpg
風景

20160701014.jpg
タカネヤハズハハコ

20160701035.jpg
ハクサンイチゲ
咲き終わったものからツボミのものまで沢山あるので長く楽しめる

20160701015.jpg
オヤマノエンドウ

20160701036.jpg
ウルップソウの大群落
ガスが無ければ剱岳を背景に絶好の写真が撮れます

20160701037.jpg
ウルップソウの大群落

20160701038.jpg
命がけの極秘ルートを下る可能性があったためピッケル持参
久しぶりに引っ張り出したらちょっと錆びていたorz
ちなみにアイゼンは(自分には不要なので)持って来ていない

20160701016.jpg
シコタンソウも今年は早い

20160701039.jpg
ウルップとウソップ(゜゜;)

このあと激しい睡魔に襲われ40分ほどお昼寝してから下山しました
今までは不眠・不食でも平気でしたが今回は厳しかった
本当はチョウノスケソウも見てグランドスラム達成を目論んでいましたが、そんな余裕はないorz
とは言え、やっぱり白馬の花は種類も規模もスケールが違う
十分に楽しんだ一日でした


コースタイム
2016年7月1日(金)
猿倉(3:45)-白馬(8:30/13:30)-猿倉(16:45)
詳細記録は上記ヤマレコのページでどうぞ


2016年7月1日白馬岳。白馬岳登山やお花の様子など
1分30秒のショートバージョン

関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: