なべくら高原雪上芋煮会
2016-03-28 (月) | 編集 |
20160326012.jpg
2016年3月26日 鍋倉高原
雪上芋煮会
前回に続き今週も芋煮会
今回は鍋倉高原にて雪上で行う

20160326000.jpg
芋煮会のきのこ各種
信州産:本しめじ、ヒラタケ
群馬産:まいたけ
秋田産:なめこ
他に冷蔵庫にあった信州産のブナシメジ

20160326001.jpg
温井の定点観測地

20160326002.jpg
鍋倉高原
除雪が始まっていました

20160326003.jpg
美谷島さんをお見送り
今シーズン6回目の本日は稜線までスキーで行かれるとのこと

20160326004.jpg
除雪した雪を積み上げ、降雪で真っ白になった雪山で遊ぶ

20160326005.jpg
本日はスノーシュー

20160326006.jpg
本日の山ビールはTHE軽井沢ビール
浅間山麓の名水で作った軽井沢ビール美味しゅうございました

20160326007.jpg
芋煮会場セッティング完了
当初はブナ林でやろうと目論んでおりましたが、天気も展望も良いし、風もなかったので大雪原で行う

20160326008.jpg
薪は4か月乾燥させたブナ
今日はやや多めに15本ほど持参(2本余る)

20160326009.jpg
着火しました

20160326010.jpg
具は、
里芋、ゴボウ、長ネギ、白菜、人参、鶏肉(日本酒、みりんに浸して持参)
きのこは
ヒラタケ、ホンシメジ、ナメコ、マイタケ、ブナシメジ
調味料は
日高昆布、日本酒(月桂冠月80m)、みりん、だし汁、しょう油、水約1.5リットル
里芋は下ゆで、ゴボウはアク抜き済み
うどんも用意してきましたが不使用

20160326011.jpg
芋煮会

20160326012.jpg
ボイルしたシャウエッセンを得意の焚き火炙り焼き
ボイル派、焼く派のどちらにも対応
ボイルした後に鶏肉投入、最後に長ネギ・白菜を入れてめんつゆ&しょう油で仕上げる

20160326013.jpg
芋煮会
2人しか居ないのに、つい多く作ってしまったorz

20160326014.jpg
芋煮会

20160326015.jpg
コーヒータイム
軽井沢の丸山珈琲。以前は粉でしか売られなかった信州松本ブレンドが豆でも売られるようになった

20160326016.jpg
山コーヒー
デザートはスイーツのまち飯山ナンバーワン人気店パティスリーヒラノの極上ケーキ

20160326017.jpg
最後に会場を均して撤収
尚、芋煮会中は、地元の名ガイドさんの見学も受けました

20160326018.jpg
風景

20160326019.jpg
ブナの森散策

20160326020.jpg
ブナ

20160326021.jpg
とても美味しい葉のなる木
この辺り、千曲川を挟んで信越トレイル側は、某成分の蓄積が少ない(基準値以下)らしい、なんて言う事を最近聞いた。

20160326022.jpg
なべくら高原森の家コテージ

20160326023.jpg
野沢温泉で温泉たまご
今回は2パック用意(前回は3パック)
片方を30分、もう一方を1時間温泉に漬ける時間差作戦で行く

20160326024.jpg
約30分経過したところで、もう片方も追加で投入

20160326025.jpg
今回は大湯へも入浴


コースタイム
2016年3月26日(日)
鍋倉森の家(10:50)-芋煮会(11:00/14:00)-ブナ林散策(~14:45)=野沢温泉(15:20/16:40)



2016年3月26日なべくら高原で雪上芋煮会
芋煮会のほか、ウインナーの焚き火炙り、山コーヒー、ブナの森ハイキングの様子、温泉たまごのシーンなど
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
きのこ
きのこは飯山の花と道の駅で現地の物を仕入れた方が、一層いいと思います。
2016/03/29(Tue) 19:40 | URL  | sakusaku #0HMKsla6[ 編集]
Re: きのこ
コメントありがとうございます。
はい、スーパーで売ってるような栽培キノコはとても食べれたモノではありませんから、産地の直売所か、自分で採ってくるに限りますね。まぁ産地の直売所でも基本は栽培モノですが、一般的に流通するキノコとは明らかに違いますし、何より安いですね。
2016/03/29(Tue) 23:27 | URL  | 13B #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: