里山ハイキング
2016-03-24 (木) | 編集 |
20160320013.jpg
2016年3月20日 里山ハイキング
しかしィィィッ、真田の寒風に討ち取られるッorz
(゜-゜)
特に記録を作るほどの事でもなく、天気も良くなかったので写真もイマイチ
簡単な里山歩きを気軽に楽しむつもりが、真田の風により撤退を余儀なくなれるorz

20160320000.jpg
うめの花の香りを楽しみつつ坂城神社よりスタート

20160320001.jpg
赤松林
ここで先行者をロックオンしたものの追いつけず。普通は敬遠されるこの直登ルートを登りに使っている辺り、只者ではないと思いましたら何とその先行者さんは五里ヶ峯・葛尾城へは年間400回以上登ると言う地元のヌシの方でした。ここに来れば大抵はお会いできる方

20160320002.jpg
水仙が咲いていました

20160320003.jpg
山々をグルっと歩いて向かいに見える尾根の末端(和合城跡)まで行くつもり
この時はねorz

ちなみに向かいの末端(和合城跡)からこちらを見ると
20160321012.jpg
このように見えている
左から2つ目のピークが現在地である葛尾城跡
写真は翌21日の撮影

20160320004.jpg
葛尾城跡
飛騨山脈は見えず

ちなみに見えた時はこんな感じ
DSC_0205_R.jpg
2013年2月17日撮影

20160320005.jpg
五里ヶ峯へ
本日はこの後で実家のオフクロさん他2名が登ってきます

20160320006.jpg
山頂からの展望はご覧の通り

ちなみに展望が利くとこんな感じ
20160117019.jpg
トラックバック

2016年1月17日
五里ヶ峯



20160320007.jpg
所々に残る残雪にはカモシカさんの足跡など
熊や人の足跡はこの先で一度も見なかった

20160320008.jpg
鏡台山登山口

20160320009.jpg
道路を挟んだ反対側は今通ってきた五里ヶ峯登山口
また、本日は私の弟も自転車で右の林道をクライムして、五里ヶ峯で一家一族合流の手筈となっている

20160320010.jpg
男坂と女坂
男坂を進むも結構な急登

20160320011.jpg
おやまぁキノコ

20160320012.jpg
鏡台山
真田と接するココから一気に寒くなる
真田からの寒風が手ごわい

20160319000.jpg
真田の寒風が厳しく手をヤられました
霧氷も出来ている

20160320014.jpg
霧氷

20160320015.jpg
坂城側
こちらは比較的穏やかな天気の様子

20160320016.jpg
黒柏木山頂とのこと

20160320017.jpg
登山道

20160320018.jpg
和平へ
雪が舞ってくる上に、真田の風が寒すぎてココで敗走orz

20160320019.jpg
和平
このルート、何処でエスケープしたとしても容易ではありません。何処からでも最短でも10キロは歩く羽目になる。
また、この先、害獣駆除のライフル部隊が展開しており、身の危険も激しく感じる
結局、命からがら、2時間半かけて駐車場まで戻り、温泉へ入って終了


コースタイム
2016年3月20日(土)
坂城神社(6:10)-葛尾城跡(7:00)-五里ヶ峯(7:50)-鏡台山(9:10)-黒柏木山(9:40)-和平(10:00)-坂城神社(12:30)-戸倉万葉温泉(12:45/13:30)
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
真田丸オープニング地図
オープニングに、有働アナの説明と大名の縄張りが出てくると、へー。と納得。沼田、小諸など、山で近くを通り過ぎてたのに、歴史を理解してたらもっと楽しめてたかもしれません。昨夜、寝ぼけてアイフォンのバージョンアップボタンを押したら、パスワード忘れでロック解除できず、そのまま高雄まで来て、漢字メモで慰霊の花や果物を買い、渡し舟で半島の海岸で雨の中叔父を想いました。久しぶりに、自力で20年前の海外旅行をしました。今時はパスポートとスマホがあれば世界中いけるのですが、人間が衰えて、随分緊張しました。カーナビなしで遠くにいけてた時より大分脳が退化したように…だめですね…ホステルの共用パソコンで、回復方法を調べて復活しました。よかったです。阿里山山小屋の予約表プリントアウトしてなくてメール保存してたのが、名前、住所すら控えてなく。一軒一軒訪ねないといけないかと…
2016/03/25(Fri) 00:00 | URL  | マロン #5sdjXFw.[ 編集]
Re: 真田丸オープニング地図
ご旅行中にも関わらず、いつも気にかけて下さりありがとうございます。
はい、沼田や小諸も盛り上がっているでしょうけど、室賀さんのおひざ元である室賀(上田市室賀)もアツいようですね。初夏にはホタルが舞うようなのどかな山里で、現在は温泉が名物です。
この春まで頑張ってこられたご褒美の、せっかくの春のバカンスです。こんなブログの事は気にせず楽しんでください。
2016/03/25(Fri) 00:40 | URL  | 13B #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: