鍋倉高原でクロカン&山ごはん
2015-03-26 (木) | 編集 |
20150321010.jpg
鍋倉高原でクロスカントリースキー&山ごはん
2015年3月21日
久しぶりの出撃です(゜゜;)

20150321001.jpg
温井の最終集落(鍋倉山の冬期駐車スペース)にて残雪量確認


残雪量はまずまず
今シーズンは昨年から1月にかけてはかなり降雪が多かったが、以降は小雪傾向とのこと

20150321018.jpg
続いて鍋倉森の家へ
駐車の許可を頂く
ついでに5月の宿泊確認など
今年も『残雪と新緑の鍋倉山&コテージ宿泊山菜宴会2015』を開催
これは残雪とブナの新緑が合わさり、さらにコシアブラとタケノコが重なる
山としては最強の条件を揃えたまさに奇跡の企画

20150321002.jpg
左からテレマーク、競技用クロカン、普通のクロカン

20150321003.jpg
クロカン板
競技用のクラシカルは細く長いのが特徴
重量も軽量な黄色い板のさらに半分ほどと桁違いに軽い
先端が大きく反り返って蹴る時に先端が雪に刺さりにくい(ショベル)
弓のようにしなり、足裏辺りは踏み込んでも完全には着雪しない(ダブルアーチベンド)
ウロコが付いていない(グリップワックス)
などの特徴、慣れてない人には扱いづらい競技用の板

20150321004.jpg
圧雪コースを進む

20150321005.jpg
信越トレイルは関田山脈を望む大雪原へ

20150321006.jpg
開放的で北海道ちっくでもある雪原
もうここで満足です

20150321007.jpg
鍋倉山を望むランチテーブル
グリーンシーズンではわからない巨木の谷も冬ならハッキリわかります
森太郎も見えているはずですが、特定はちょっと困難

20150321008.jpg
本日の山ごはん
チーズフォンデュとじゃがりこのポテトサラダ

詳しくは動画でお楽しみください

20150321009.jpg
じゃがりこポテトサラダ
日本にロングトレイルの文化を切り開いたバックパッカー加藤則芳さん
その先駆けとなったトレイルがこの信越トレイル
信越トレイルの発起人兼理事長としてご尽力された加藤則芳さんが考案された山ごはんのひとつが、このじゃがりこのポテトサラダです

山ごはん『じゃがりこポテトサラダ』をトラックバック(゜゜)

山ごはん ポテトサラダ



20150321011.jpg
チーズフォンデュ
レンジ用のチーズフォンデュを使用(それしか売ってなかった)
湯煎でチーズをとかす戦法(チーズは元から半練状態)
トッピングはバターとガーリックパウダー

レンジ用のチーズフォンデュは家庭では簡単に出来る利点がある反面、
味は普通のチーズフォンデュより劣る印象

20150321012.jpg
木島平方面
中央は木島平スキー場、一番上は長野県最強のパイオニアコース

20150321013.jpg
毛無山(野沢温泉)方面

20150321014.jpg
ハイカー2名が下山されてきました
後にはスノーモービルの集団がっ
暴走族のような爆音がずっと響き渡っていました

20150321015.jpg
ホワイトバーチ

20150321016.jpg
コテージ群
毎年の事ながら2階のロフトから入れそうな積雪
尚、森の家は冬期が最も混雑するようです

20150321017.jpg
森の家へ戻りました
なかなか壮観な雪壁、いや住む人にとって、これはえらいこったですよ


コースタイム
森の家(11:30)-大雪原(12:20/13:40)-森の家(14:10)


動画

2015年3月21日鍋倉高原でクロスカントリースキー&山ごはん
信越トレイルを望む鍋倉の大雪原でチーズフォンデュと、加藤則芳さん考案のじゃがりこのポテトサラダ
今回は久しぶりにつぶやき(のーがき)多用、約4分とちょっと長くなっておりますが、あっという間に見れる動画となっております(゜゜)
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
2016年2月27日 鍋倉高原 大雪原でランチ&自然観察会
2016/03/03(Thu) 06:52:09 |  13Bアウトドアブログ