秋の北海道 3日目
2014-09-11 (木) | 編集 |
20081009056.jpg
秋の北海道3日目
写真は開陽台にて
3日目


今日も朝は気持ちの良い晴れ

20081009041.jpg
まずは和琴半島を散策

20081009042.jpg
和琴温泉でまったり入浴するッ

20081009043.jpg
続いてコタン温泉へ

20081009044.jpg
昨日は混んでいましたが今日は貸し切りで入れました

屈斜路湖コタン温泉のトラックバック
屈斜路湖コタン温泉



20081009045.jpg
さらにイソの湯へ
岩の割れ目が天然の湯船になっており、適温の湯が湧いている
湖面とほぼ同じ高さなので、まるで湖に浸かっているような感覚になる・・
のだが、何となく湯がバッチイ気がして手湯のみ(゜゜)

20081009046.jpg
川湯温泉の足湯
北海道イチの名湯と言われる川湯温泉も足湯のみです(゜-゜)

20081009047.jpg
硫黄山は道路から眺めただけ
いや、駐車場まで行ったんだけどね、駐車料金とられるっつうんでUターンしたんですわ(゜.゜)

20081009049.jpg
摩周湖へ

20081009048.jpg
霧の摩周湖ってヤツですね
何やら丸っこい島も見えます
もちろん駐車料金無料の第三展望台です(第一駐車場は有料)

20081009050.jpg
中央に硫黄山があって、奥にうっすらと屈斜路湖
標高は高くないのに周りの雰囲気から高原にいるような錯覚に陥る

20081009051.jpg

養老牛地区へ

20081009053.jpg
養老牛からまつの湯
場所がわからずちょっと迷った

20081009052.jpg
からまつの湯
養老牛温泉街の奥のパウシベツ川沿いに沸く野湯
湯はかなりの激アツ

20081009054.jpg
風景
この辺り、道路も一直線で北海道ちっく

20081009057.jpg
開陽台へ

20081009055.jpg
訳のわからない人工物にやや興ざめしなくもないが景色は360度
参考
DSC_38330358_R.jpg
多和平
こちらも360度の大平原

本日のランチは中標津市街のお寿司屋さんにて
すしロード
http://tabelog.com/hokkaido/A0112/A011204/1005193/
(食べログ。新しいウインドウで開きます)

尚、今回、食事の写真を撮ったのは初日と最終日の昼食のみ
食後は定番の野付半島には行かず、再び一直線道路を北上

20081009058.jpg
脇道のダートも一直線
写真は斜里岳の方角

20081009060.jpg
川北温泉へ
場所はわかりやすいが、国道からは狭く見通しの悪い林道を5キロほど入る
保養所の跡地に残った湯船を利用して、地元有志が脱衣所などを設置し復活させたと言う温泉

20081009059.jpg
川北温泉
熱めの乳白色の湯は飲湯も可能。湯温は沢の水で調節される無料の湯
たまにクマも出るらしいが、湯は素晴らしく、復活させたのも納得の名湯
今回ぜひ入浴したかった温泉のひとつ
北海道を代表する名湯で間違いなし、ああ、行くべし!

20081009061.jpg
滝など眺める
そして知床半島の付け根の右側、羅臼(根室海峡)側を北上する

薫別温泉も射程圏内にありましたが、時間がないのでパスしている

20081009062.jpg
羅臼の熊の湯へ
こちらも北海道を代表する名湯
この日も地元の方が多かった

20081009063.jpg
国後島が見えた

20081009064.jpg
さすがは世界遺産知床
色々な人が訪れています

20081009065.jpg
知床峠

参考
知床峠から羅臼湖ハイキング
羅臼湖(北海道夏6日目)




20081009066.jpg
知床横断道を宇登呂へ

20081009067.jpg
道路わきでシカさんがゴソゴソやっている

20081009068.jpg
岩尾別から羅臼岳

20081009069.jpg
夕日の丘

20081009070.jpg
オホーツク海に沈む夕日

そして宇登呂の宿へチェックイン
知床プリンスホテル 風なみ季という宿
夕食が飛びぬけて良かったですよ。ウトロ地区はどこも食事が良いらしい

3日目
屈斜路湖-摩周湖-養老牛-開陽台-中標津-川北-羅臼-宇登呂

入浴した温泉
・屈斜路湖温泉(朝湯)
・和琴温泉
・コタン温泉
・イソの湯(手湯)
・川湯温泉(足湯)
・養老牛からまつの湯
・川北温泉
・羅臼熊の湯
・ウトロ温泉

4日目に続く

2日目に戻る

関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: