唐松岳7月20日 前編
2013-07-23 (火) | 編集 |
20130720021.jpg
唐松岳 2013年7月20日 前編
チングルマと白馬三山
天気に恵まれました

黒菱駐車場出発は3時
いきなり急坂で修羅場になる。一昔前にあったOSJの白馬のペアマッチのトレランを彷彿させる(白馬のジャンプ台をスタートし八方尾根~遠見尾根から五竜を麓まで下るレースで、核心はこの序盤の八方のゲレンデ登り。富士登山競走で言えば最も苦しい0合目手前の激坂のよう)

20130720001.jpg
八方池付近にて日の出を待ちます
風もなくて快適。貸切りのようですが、4時くらいに丸山辺りにヘッドライトを確認、誰か夜間に登った人があったようです

20130720002.jpg
白馬三山

20130720003.jpg
高妻山の奥が燃えている

20130720004.jpg
日の出前に撮影ポイントを何処に構えるか迷う。稜線上なら360度見渡せる利点があり、八方池へ下りてしまうとほぼ白馬三山のみに限定されてしまう代わりに湖面との風景が見れる。
果たして、

20130720005.jpg
鹿島槍と五竜がほんのり染まる

20130720006.jpg
結局、相棒の信州山遊びねっとサンは稜線を選択し、私は八方池へ下りる事を選んだ。
池の畔に陣取り動画撮影開始

20130720007.jpg
徐々に白馬にもアサヒが差し込んできた

20130720008.jpg
しかし、肝心の白馬三山だけが染まらなかった

20130720009.jpg
八方池

20130720010.jpg
あっちの方

20130720011.jpg
白馬方面のみ朝のうちは雲が出ていた

20130720012.jpg
鹿島槍と五竜はバッチリです

20130720013.jpg
雲海に浮かぶ

20130720014.jpg
風景

20130720015.jpg
カライトソウ
中には八方独自のカライトソウとワレモコウの混合種もあるらしい

20130720016.jpg
1時間以上も八方池でまったりしてしまいましたが、ボチボチ歩き出します。
滞在中、他には誰も来ませんでした。
またこの時点では雲が多く、今日はダメかな?なんて思っていました。

20130720017.jpg
景色

20130720018.jpg
丸山へ
下山者の団体さんで賑わっていました

20130720019.jpg
今日は駄目だと思っていた白馬方面の天気もいつの間にか回復
(丸山へ出るまで白馬は一時的に見えなくなっている)
すっかりゴキゲンとなってきます

20130720020.jpg
ツガザクラ

今回は夜明け前から登っているので、この時点までは花の写真はほとんど撮っていない
(まだ7時前で光量が少ないと言う事もあります。ただし三脚は常に手で持っていましたがっ)

花の撮影は下山時にマクロレンズに交換したのちに撮りながら下ろうと思っていたのですが、ざわっ・・

ざわ・・

  ざわ・・

(゜゜)

この後、信じられない事態が巻き起こるッ!
一体、どうなってしまうのかっ?

後編へ続きます
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: