日本最高のクラシックルート2日目
2013-07-11 (木) | 編集 |
20030803031.jpg
2日目は核心の北鎌尾根を行く
20030803032.jpg
北鎌沢


本日の先陣を切って出発

20030803019.jpg
右俣と左俣の分岐点
本流は左俣ですが、進む方向は右(ただし左でも行けない訳ではない)
この辺りに加藤文太郎氏のレリーフがあると聞いていたが、見つけられず

20030803020.jpg
登ってきました
下に見えているのが北鎌沢出合
この時は上の方でも水を汲む事が出来たが、事前に水は汲んでおいた方が無難

20030803021.jpg
上部はかなり嫌らしい草つきの斜面も混じる
やや緊張

20030803022.jpg
北鎌沢のコルへ
幕営適地もいくつかある

20030803023.jpg
下部のピーク
北鎌には末端から数えて山頂まで確か15のピークがあると言われる(登る対象となる末端はP2)
写真は5,6辺りなのかな?ちょっと忘れた。

20030803024.jpg
右の天狗の腰かけ(P9)の向こうに独標(P10)が見えてきた

20030803025.jpg
快晴で気分も高まる
P9までは踏み跡も顕著でハイマツの雰囲気の良い稜線歩き
それほど厳しい個所はない

20030803028.jpg
天狗の腰掛けで写真撮影の大休止
この付近にも幕営地になりうる個所が見受けらるが、その分、し尿の臭いも立ち込める

20030803027.jpg
独標が目の前に立ちはだかる

20030803026.jpg
他の風景も良いですね
写真は硫黄尾根の尾根の向こうに鷲羽、水晶など裏銀座の山

20030803029.jpg
独標のトラバースルート

20030803034.jpg
難しい訳ではありませんが、慎重に行きます
トラバースの途中から独標へ一直線で上がりました

20030803030.jpg
独標から槍穂高の大展望
ココからの展望は素晴らしい
写真撮影の大休止

20030803000.jpg
すっかりゴキゲンの相棒

20030803035.jpg
後続のグループに手を振ってみる


20030803001.jpg
快晴の北鎌尾根を行く

20030803002.jpg
基本的には稜線上を行きます
行き詰ったら左右(信州側or飛騨側)にルートを探す
しかし踏み跡は信用出来ないモノも多いと言われている

今回のように快晴で視界がある場合はルートファインディングは易しいが、ガスの場合は難しくなる事もありうる

20030803003.jpg
休憩しつつ大展望を楽しみながら、この日本最高のクラシックルートを楽しみます

20030803036.jpg
登山風景

岩が脆いと言われる北鎌ですが、個人的には写真のような岩場よりザレ場が怖いと思った
基本的にはルートの取り方によって難易度は変わる、そのルート取りは個人の判断や選択によります
(必ずしもザレ場を通過する訳ではない)

20030803037.jpg
せっかく持ってきたのでロープを使用し懸垂下降など
稜線上には残留支点などいくつか見受けられたが、やはり残留ロープなどは信用しない方が良いでしょう

20030803004.jpg
写真の足元のプレートには

20030803005.jpg
『諸君頑張れ』と書かれている

20030803006.jpg
常念岳方面
好天の北鎌は最高ですね

20030803007.jpg
北鎌平への登り
これは手前のどこかのピーク(どれが何峰かはよくわからない)を巻いたため、嫌らしいザレ場から北鎌平へ登る事となった。北鎌平も巻けるようですが、巻いた分、登り返しも大変になります。

20030803008.jpg
黄昏る信州山遊びねっとサン

20030803009.jpg
北鎌平にて大休止
相棒はお昼寝していました
目の前に大槍が見えていて(向こうからもこちらが見える)良い場所ですね

20030803010.jpg
いよいよ大槍へ取り付く
当時問題となった勝手につけられたマーカーなどがありました

20030803011.jpg
穂先は近い 気を抜かず頑張れ

20030803012.jpg
山頂直下の最後のチムニー
せっかく持って来たロープを使用し、ザックをロープで引き上げて、空荷で岩を楽しむ

20030803038.jpg
登頂しての記念撮影
北鎌登攀者は拍手で迎えられるのが通例となっています

20030803013.jpg
歩いてきた北鎌尾根
右が北鎌尾根独標
憧れの日本最高のクラシックルート、楽しませていただいた

20030803014.jpg
槍ヶ岳山荘へ下りて槍ヶ岳を眺めつつ

20030803015.jpg
ベンチで生ビールで乾杯

20030803017.jpg
今夜の幕営地は、当時指定席だったテント場CとDを確保

ちなみにこの時、受付時に対応された方は槍ヶ岳のドン穂刈総帥。
CとDをこちらから希望したら、『限りある天場は有効活用して欲しい、二人で別々のテントではなく、次は一張りで来てね』と直々に指導を受けました。ごもっともで御座います。

20030803016.jpg
夕暮れの槍ヶ岳

20030803039.jpg
常念と大天井

20030803040.jpg
今日は素晴らしい1日でした

20030803041.jpg
夕暮れ


2日目
北鎌沢~北鎌沢のコル~天狗の腰掛~独標~北鎌平~槍ヶ岳~槍の肩

続く
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: