残雪の鍋倉山特集 第六回
2013-04-22 (月) | 編集 |
DSC_42610240_R.jpg
残雪の鍋倉山特集 第六回は2011年5月14日
ブナの新緑が始まりつつある好天の鍋倉山
素晴らしい山行でした
DSC_40520031_R.jpg
途中の飯山はみゆきの道の駅前にて
菜の花の黄色が鮮やか


これは飯山瑞穂地区の菜の花の丘
(撮影日時は数日前で、撮影者は私の母者)
菜の花と中央の赤い橋(大関橋だっけ?)のコントラストが有名な風景
橋の奥に見えるのは戸狩スキー場で、鍋倉山は右端

DSC_40660045_R.jpg
田茂木池にて
この当時は映画『岳』のこのポーズが流行っていた頃ですね

DSC_40800059_R.jpg
西の沢駐車場付近ではソリ遊びに興じる少年たち
これはこれで面白いですね

DSC_40790058_R.jpg
ブナ
根開きが始まっている
木が太いほど大きく、積雪が多いほど深く形成される、通称ツリーホール

DSC_40840063_R.jpg
新緑が始まりつつあるブナの森
良いですね~

DSC_40850064_R.jpg
西の沢
雪で埋まっているので通行可能

ちなみにこの翌週も来ていますが、その時はかなり雪解けが進んで一部で沢が出ています

DSC_40930072_R.jpg
所々で雪の切れ目(クラック)が
これは地震の影響だと考えられます
この地方でも大きな地震があって、甚大な被害が出ています

DSC_40980077_R.jpg
やや急な斜面なので板を担いで登ります

DSC_41260105_R.jpg
斜面を登り詰めて、ジャンクションの先へ出ました
このブナの回廊付近はまだ芽吹きが始まる前です

DSC_41440123_R.jpg
とっても良いブナの林

DSC_41520131_R.jpg
おや、まぁ、きのこ

DSC_41600139_R.jpg
デヤァー!
バルタン星人

DSC_41620141_R.jpg
山頂直下
通称ハーフパイプと呼ばれる場所

DSC_41630142_R.jpg
ブナの新芽

DSC_41680147_R.jpg
山頂から景色
写真中央は、前回のエントリー(第五回目)で登場する光ヶ丘高原(のキャンプ地)

DSC_41840163_R.jpg
今日のキムチランチは炒飯とうどん
フライパンではキムチを炒め、鍋は具材を煮込んでいるところ

DSC_42030182_R.jpg
ランチ
キムチチャーハンは炒めたキムチにコンビニのオムスビをばらし入れた簡易なモノ
うどんは私としては力作、出汁と肉にこだわって作った

DSC_41810160_R.jpg
当ブログ山ごはんのカテゴリーの『うどん』にもありますが
写真の極上干し椎茸を使っています

DSC_42050184_R.jpg
デザートなど

DSC_42110190_R_20130422005250.jpg
ランチ風景

雪を掘って作成したランチテーブルは埋戻してから(残雪の山ではランチテーブルなどは埋めるのがマナーです)下山となります

DSC_42170196_R.jpg
写真中央に見えるグループは鍋倉森の家のツアーの方々
すれ違い様に名前を呼ばれました
誰かと思ったら、信越トレイルに携わったICIスポーツ長野店の店長さんでした

ちなみに石井スポーツ長野店店長さんとは山友達&トレラン仲間
110514_1.jpg
写真は丸子町の信州爆水RUNにて
右の方がK店長さん

DSC_42390218_R.jpg
中盤から下部にかけてはブナの新緑を楽しみながらの滑降
雪質も上々のザラメ雪

DSC_42500229_R_20130422005248.jpg
得意の短パンテレマーク

DSC_42590238_R.jpg
ジャンピングターン失敗(゜゜)

DSC_42730252_R.jpg
西の沢まで滑ってきた

DSC_42830262_R.jpg
駐車場へ
バスで遊びに来ている団体も
残雪とブナの新緑は一年で最もベストなシーズンですね

DSC_42950274_R.jpg
帰りはコシアブラとタラの芽など購入
春の味覚
特にコシアブラの天ぷらは最高

ちなみに写真右下のタラの芽は腐っていました
これは当日朝、行く途中に買ったモノ
道理で安かった訳です、前日の売れ残りを掴まされてしまった
(゜゜)
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: