横尾本谷黄金平&氷河公園 2012年10月13日 前編
2012-10-17 (水) | 編集 |
DSC_8790_R.jpg
横尾本谷黄金平・氷河公園 2012年10月13日 前編
南岳と横尾尾根との間に広がるカールは、まさに槍穂高の秘境の楽園
天気、紅葉、そして同行の仲間にも恵まれて大満足の山行

前夜に沢渡入りして駐車場脇に幕
冷え込みが厳しく、足湯の源泉でペットボトル湯たんぽ

DSC_8709_R.jpg
軽く飲みました
でもちょっと風邪っぽい
右の本は途中のコンビニで見かけて買ってみた本
奇しくも火拳編でした

そして東京からお越しのNafさん、rikkyさんご夫婦と合流、
挨拶ののち就寝

朝は4時半くらいに起きて準備
そして5時にタクシーで上高地へ
(本日のタクシーの始発は4時半でした)

DSC_8724_R.jpg
一気に飛んで横尾本谷橋
ここから横尾本谷を上がります

上高地をスタートし徳沢、横尾と通過してここまでは
それほど混雑はなかった
ちなみにこの日の上高地の最低気温は-2度との事

DSC_8726_R.jpg
横尾本谷
今回は水量が少なくて歩きやすく、ずっと沢沿いに行けました
まぁそれは三日前に下見してわかってはいましたが
時期が早い、あるいは水量が多いと沢沿いに行けず(ただし、川へ入水して歩けるなら別)、
右の危なっかしい旧道を通る場合もある(おまけに藪で朝露つき)
所々に旧登山道の名残があるが、ガレた危険個所もあり廃道になったのも納得
ただ、この本谷コースを行く人なら普通に通行出来るでしょう

DSC_8728_R.jpg
涸沢出合
3日前の涸沢紅葉山行では写真の涸沢(左の沢)を下山した

DSC_8729_R.jpg
紅葉風景
写真中央上の辺りが崩れており、落石がある様子

DSC_8732_R.jpg
一部で高巻き
近年では踏み跡も顕著の様子
10年くらい前は踏み跡はなかったと思う

DSC_8733_R.jpg
自然の盆栽
大きな岩の上に植物あり

DSC_8742_R.jpg
二股
写真はこれから進む槍穂高秘境の楽園と呼ばれる黄金平へ続く右俣

DSC_8743_R.jpg
左俣
この先は北穂の滝を経由して大キレットのカール(通称天狗の踊り場)へ。
こちらも素晴らしい場所ですが、下部は落石の巣
雪渓が残っているの早い時期なら比較的通行がラク

DSC_8748_R.jpg
横尾本谷
今回は滑りやすい岩も少なかった印象
周りの紅葉風景など眺めながら楽しんで登ります

DSC_8757_R.jpg
核心部その1
残留ロープがある右側からと、左側の乾いた岩部を登るルート取りがあります

DSC_8769_R.jpg
最後の登り
この沢を登り詰めると

DSC_8777_R.jpg
黄金平
槍穂高の秘境の楽園
思わずワォ!と声がもれます

DSC_8798_R.jpg
ここは訪れる人の少ない別天地
南岳と紅葉風景

DSC_8802_R.jpg
風景

DSC_8818_R.jpg
ミヤマリンドウ

DSC_8820_R.jpg
チングルマ

DSC_8826_R.jpg
赤く紅葉しつつもまだ花をつけているミヤマダイコンソウ

DSC_8829_R.jpg
ミヤマキンバイも

DSC_8832_R.jpg
絵になる風景ですね
この大岩の上でランチタイムの大休止

DSC_8835_R.jpg
アオノツガザクラ

DSC_8840_R.jpg
今日のランチ
コンビニのおむすびを二個
味噌汁は食べずにお持ち帰り

DSC_8843_R.jpg
得意のコーヒー
今日もキリマンを挽きました

DSC_8858_R.jpg
記念撮影

DSC_8878_R.jpg
チングルマの大群生地

DSC_8884_R.jpg
チングルマ

DSC_8893_R.jpg
秋色


後編へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: