5日目
2012-08-23 (木) | 編集 |

バカンス5日目

早起きして桃岩まで早朝サイクリング
そこそこの坂道で朝から良い汗かきました
ここは終点のレンジャーハウス

DSC_32560019_R.jpg
花のピークはやや過ぎているが、花の島と呼ばれる所以は感じられる

DSC_32570020_R.jpg

今回、礼文島で見た花は前日に民家の花壇で一株だけ見たエゾカンゾウ以外すべての花を撮影している。

DSC_32610024_R.jpg
伝説の花の浮島

DSC_32660029_R.jpg
礼文島

DSC_33190082_R.jpg
レブンシオガマ・・であって欲しい

DSC_32760039_R.jpg
朝のうちはうっすらと利尻島も見えていた

DSC_32780041_R.jpg
桃岩はすごく大きな岩

この後は一旦宿へ戻って朝食
宿の朝食は結構な献立と十分な量でした。

そして宿をチェックアウトし、また荷物だけ置かせてもらって
再びサイクリング

DSC_33780141_R.jpg
今度は礼文林道へ
序盤にキツイ坂がある

DSC_33900153_R.jpg
ガスが立ち込めてきてしまった


レブンウスユキソウ群生地へ


旬は過ぎていたけど見れてラッキー


レブンウスユキソウ
唯一、花(黄色い部分)が残っていた株

他にはイカリ系、ウメバチソウ、シオガマギク属の花などが咲いていた
また、レンジャー氏から、あっちの丘に珍しい花があるから一緒に行かないかとノコノコついて行きましたが、
その珍しい花とやらは既に散ってしまっていた。
おまけにその花が何だったのか?名前を思い出せない。
と言うより覚えられなかった。

DSC_34430206_R.jpg
エゾシロバナナデシコ(名前は仮称)
礼文島で最後に見た花。

もう少しレンジャー氏と花を見ていたかったが、フェリーの時間が迫っていた。
最後は林道ダウンヒルで下って、宿によって最後の挨拶、荷物を持って香深港へ。

9:55発、利尻島経由、稚内着12:40の便へ乗船

DSC_34510214_R.jpg
噂に聞く桃岩YHの見送りの儀

DSC_34560219_R.jpg
さようなら礼文島

DSC_34700233_R.jpg
船は利尻島へ寄港

DSC_34720235_R.jpg
ペシ岬とやらかな

DSC_34740237_R.jpg
フェリー内で写真データを移してチェック

DSC_34750001_R.jpg
稚内ポートサービスセンターでシャワーと洗濯
7分100円のシャワーとか、洗剤自動投入の洗濯機、乾燥機などが格安で利用できる

ちなみにお昼は前日にチェックしていた稚内駅前の食堂で海鮮ランチを食べた。
千円くらいでとても美味しいランチでした。

DSC_34780004_R.jpg
宗谷岬へ

DSC_34830009_R.jpg
広大な宗谷丘陵が広がっている
イワベンケイの大きな花壇もあった

DSC_34850011_R.jpg
晴れていて風も穏やかだったが、正直初めて来た時ほどの感動はなかった。

DSC_34970022_R.jpg
日本最北端のスタンドで給油
記念品か何かをもらった。

DSC_34990024_R.jpg
宗谷丘陵を通ってみる
初めて来たが、ココは素晴らしい
ほっかいどー全開、広大な風景が広がっている

DSC_35020027_R.jpg
宗谷丘陵ウィンドファーム
先の宗谷岬で感動はなかったが、ココは感動した
オロロンラインとセットで訪れたい場所ですね

DSC_35030028_R.jpg
この向こうはオホーツク海

DSC_35110036_R.jpg
道路も素晴らしい

DSC_35170042_R.jpg
この宗谷丘陵で出会ったのはシカさんが何頭かで、
クルマはもちろん、バイク一台も見なかった

DSC_35240049_R.jpg
その後はオホーツクラインを南下する

DSC_35250050_R.jpg
クッチャロ湖へ

今日はこのまま南下して知床辺りまで行こうかと考えていたが、
この先の渋滞などで気分を害されたくなく、
満ち足りた気分のまま今日はココでキャンプとする。
浜頓別の町で食材を購入しキャンプ場IN

DSC_35310056_R.jpg
夕焼けのクッチャロ湖

DSC_35280053_R.jpg
夕焼けを眺めながらまったりビールって最高ですね


至福のキャンプ


夕食は奮発してバーベキューです
ただし、蚊が異様に多く、蚊取り線香もあまり効かなかった。
最後は一気に焼いて一気に食べた。

その後はキャンプ場隣の温泉へ
その温泉がこれまた極上
失礼ながら、こんな聞いたことないようなマイナーな所に
これほどの温泉があるとはさすが北海道。

下の写真は翌朝に撮ったものですが、この浜頓別温泉は
同質の泉質では別府温泉に次ぐ国内二位の泉質だとか。

DSC_35450070_R.jpg
浜頓別温泉ウィング


クッチャロ湖キャンプ場
一人200円。
直火は不可ですが、BBQの写真にあるようなドラム缶が所々に置いてある。
蚊が多いのでメッシュタープなどが有効

温泉は併設の浜頓別温泉(宿泊も出来る)
日帰り入浴は500円。
足湯もある


5日目
香深-桃岩-香深-礼文林道-香深+利尻島+稚内=宗谷岬=宗谷丘陵=クッチャロ湖

宿泊地 クッチャロ湖キャンプ場

関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
夕焼け綺麗です
一人旅の夕焼けってちょっと寂しくないですか?昼間は
ウロウロしてるから寂しくないし、自由だし、一人って最高!っておもいますが、朝焼けは今からの予定にワクワクドキドキ。でも夕焼けって旅が終わりに近づく一日の終わりだし、美しすぎて私なんて感情失禁で泣いたりするんで、
通りがかりの人に変な目で見られます。
夕焼けの時だけは、美しい景色を一緒に見てくれる人が欲しいと思います
2012/08/23(Thu) 21:22 | URL  | マロン #-[ 編集]
Re: 夕焼け綺麗です
う~ん、そんな感情は確かにありますね。
でもそれで泣いたって良いし、その場で一緒に感動を共有してくれる人が欲しいと言う思いも、一人でいるからこそより感じられると思います。
その感情、大切にしてください。
2012/08/23(Thu) 22:31 | URL  | 13B #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: