4日目
2012-08-21 (火) | 編集 |
DSC_31400708_R.jpg
バカンス4日目

鏡沼海浜キャンプ場にて朝を迎える
到着時は夜だったので周りの景色が新鮮。
(キャンプ場詳細は3日目の最後を参照)

DSC_30200588_R.jpg
サロベツ原野ビジターセンターの展望塔にて
原野は広大で大小いくつもの沼がある
写真右の沼方面を散策してみたが、花はほぼ終わっていた。

DSC_30190587_R.jpg
北海道らしい景色

DSC_30330601_R.jpg
右にサロベツ原野、左に日本海と利尻島を望む日本最高の国道
素晴らしい

DSC_30350603_R.jpg
利尻島が一番近くに見えると言う夕来にて

DSC_30390607_R.jpg
ノシャップ岬へ

ココで地元の知人に調べてもらった礼文島の宿へ電話
今夜の宿泊を予約する

DSC_30440612_R.jpg
稚内からフェリーに乗ります
10時50分発12時45分着の礼文島直行便
ちなみにフェリーターミナルの駐車場は一日1000円でこの時は満車
約1キロ離れた全日空稚内ホテルだったかな?前の無料大駐車場へ駐車しました。
出航まで時間があったので稚内市内をサイクリングしてみた。

DSC_30450613_R.jpg
自転車を積み込む
礼文島は自転車でまわる事にする
他にバイクが数台で、自転車は私のみ

DSC_30630631_R.jpg
船上からは天気が良ければ常に利尻島が見える

DSC_30660634_R.jpg
礼文島が見えてきた
僅か二時間ほどの航海

DSC_30710639_R.jpg
いよいよ花の島へ上陸
この直後、噂に聞く伝説のユースホステル、桃岩YHの宿泊勧誘を受ける。
どうやらバイクや自転車ツーリストに声をかけているらしい。
しかし私は既に他の宿を予約してしまっていた。

一旦宿に顔を出し、荷物を置かせてもらってからサイクリング開始。

DSC_30720640_R.jpg
東海岸を北上する
道の状態は良く、交通量も少ない。

DSC_30730641_R.jpg
途中で利尻山を眺めて休憩


さて、実は前日(3日目)に思い描いており、途中の通行止めによりパーになった計画とは
前日にサロベツ原野で夕日を眺めてから稚内の無料キャンプ場泊、今日は朝一のフェリーで礼文島へ渡る。
そして今回と同じように自転車を用いてスコトン岬まで行き、そこから礼文島西海岸・愛と何とかの8時間コースを通って(自転車はひいて)戻ってくると言うモノでした。

今回は礼文島上陸が13時と言う事もあり、それは出来なかった。
天気も悪くなかっただけにちょっと悔しいが、これが行き当たりばっ旅と言うモノでもある。


DSC_30770645_R.jpg
アザラシがゴロゴロと日向ぼっこしていました

DSC_30880656_R.jpg
金田の岬へ
茶屋が一軒

DSC_30860654_R.jpg
金田の岬
この辺りから北の果て特有の風が出てくる

DSC_30890657_R_20120821181555.jpg
スコトン岬へ
奥にトドの島も見える
観光名所らしく、大型バスでたくさんの観光客が訪れており、お土産屋も充実していた
この下に最果ての宿もあった

DSC_31040672_R.jpg
最果ての岬
初めて宗谷岬へ立った時と同じような感慨を受けたかな?

DSC_31140682_R.jpg
スコトンブルー?
心なしか海の色も神秘的
写真は白浜港

DSC_31190687_R.jpg
帰りは澄海岬へ寄ってみる

DSC_31350703_R.jpg
澄海岬
もう少し時期が早ければ花も多くらしい

DSC_31450713_R.jpg
きれいな風景
まさしく自然の造形美

DSC_31630731_R.jpg
漁港には何やら建設中
お土産や特産品の軽食も充実

DSC_31840752_R.jpg
伝説の花の浮島 礼文島

DSC_32010769_R.jpg
8時間コースは写真の丘を通っている
行きたかったな~

DSC_32060774_R.jpg
菜の花も咲いていたので、もしかしたら?と思ったが、↓

DSC_32070775_R.jpg
レブンアツモリソウ群生地
さすがにこちらは咲いていなかった
花期は6月~7月頃

DSC_32130781_R.jpg
久種湖
ココも良い感じのキャンプ場でした
サイトには駐車スペースもあったので恐らくオートキャンプも出来ると思われた
商店も近いので食材の買い出しにも良い

DSC_32220006_R.jpg
最高峰の礼文山らしき山も見える
帰りは40号線で真っ直ぐ帰る

DSC_32250009_R.jpg
東海岸を香深まで
沿道の家では昆布を干していたり、バーベキューしている家もあった。
また礼文島唯一と思しきパチ〇コ屋もあった。
中は覘いていないが、漢花(花の〇次)の音楽が聞こえてきていた

DSC_32310015_R.jpg
往路でも休憩した赤岩ふれあい広場にて
地元の兄さんが遊んでいた

DSC_32370021_R.jpg
今晩はこの宿
オホーツク荘
夏の間おばあさんが一人で切り盛りしている

DSC_32400003_R.jpg
宿の風呂でひとっ風呂浴びてから、近くの食堂へ夕食へ
ビールがウマイ
つまみに貝の焼き物を何点か

DSC_32470010_R.jpg
うに丼
新鮮なムラサキバフンうにが美味
ただし3000円(3500円だったかも?)
礼文島だから仕方ないが観光地価格は否めない

この後は宿に戻って、飲み直しながら持参したノートパソコンに写真を移している内に寝てしまった。


オホーツク荘
一泊朝食付き 6000円(夕食の提供はなし)
男女別の貸切り内湯
トイレはシャワートイレ
おばあさんが一人でやっているので、多くは受け付けていない様子
この日は確か8人ほどの宿泊だったと思う

4日目
天塩鏡沼海浜キャンプ場=サロベツ原野=ノシャップ岬=稚内+礼文島香深-金田の岬-スコトン岬-澄海岬-香深

宿泊地 礼文島オホーツク荘
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
澄海岬
この湾きれいですね。ザ、ビーチでしたか、大昔レオナルドディカプリオの映画に出てくるドラッグパーティーをする湾に似てる。舞台はタイのピピ島でしたが、行ってみたら本当にそんな感じ。フルムーンパーティーとかあったような。。。
人もいなそうだし、裸で泳ぎたいですね。でも北海道では水温が低いから気合いが必要かも。
2012/08/21(Tue) 23:26 | URL  | マロン #-[ 編集]
Re: 澄海岬
澄海岬はきれいな場所でしたが、泳ぐなら南の島のプライベートできれいなビーチが良いですね。
私は腹が出てから泳がなくなりましたし、マロンさんと同じように漆黒の海とかでは怖いです。
例えば新潟の海水浴場など、沖の岩礁帯辺りまで泳ぐと漆黒までは行かなくても下が見えない深い海となります。
2012/08/22(Wed) 01:17 | URL  | 13B #-[ 編集]
海はそれが怖くて
下が見えないくらい海に飛び込むは怖いですね。舟幽霊に足を引っ張られる?なので、昔スキューバーダイビングでいろいろ行ってましたが、いくら近くでも日本海とかではしませんでした。一回やってサザエとかみても面白くなかったので同じお金なら南の島です。
沖縄のケラマとか透明度50mくらいなんで13Bさんも怖くないのではないですか?最近はマリンブルーの海があっても、その隣のホテルのプールで海を見ながら泳ぐとかだんだん軟弱になりつつあります。
2012/08/22(Wed) 06:52 | URL  | マロン #-[ 編集]
Re: 海はそれが怖くて
そうですね。でも南の海も危険生物が居そうでそれも怖いですね。まぁそんな事言い出したら何も出来ませんけど。来年の海シーズンにはダイエットしてモッコリパンツはけるようになりたいです。
2012/08/22(Wed) 23:46 | URL  | 13B #-[ 編集]
残念海賊にはなれないですね
たまには、タコに連れさられたりした美女を助けるために海に飛び込まなくてはならないのに?
そんなピッタリの海パンはくなら、セミなみに割れてオイルテカテカにしてなくてはなりませんね。
13Bさんは、やっぱり海より山ですか?
2012/08/23(Thu) 21:13 | URL  | マロン #-[ 編集]
ん?まぁ私はどちらかと言えばタコの方ですね。美女を助けるナイトは柄じゃないですから。
海なし地域に住む人間は山より海の方が良いですよ。
2012/08/23(Thu) 22:27 | URL  | 13B #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: