3日目
2012-08-19 (日) | 編集 |
DSC_28720440_R.jpg
バカンス3日目
DSC_24860054_R.jpg
夜中にゴソゴソと起きだして夜間撮影

DSC_27170285_R.jpg
月明かりに照らされてトムラウシ山も浮かび上がっている

DSC_27240292_R_20120817112340.jpg
清々しい朝を迎えました

DSC_27330301_R.jpg
朝の準備で賑わう白雲避難小屋
左の建物はトイレ。

DSC_27340302_R.jpg
白雲岳の山肌にも朝日が差し込んできた
ちなみに私のテントは写真右側の手前で、
このサイトは微妙に傾斜があり、私の張った場所が一番低く
雨水などが流れ込んだり、ぬかりやすい場所との事でした。

DSC_27360304_R.jpg
コーヒー飲んでまったりしました
周りの方々と話をしたり眺めていると、
忠別・トムラウシ方面へ向かう人は少なく、白雲岳へ登ってから下山すると言う人が多かった。
私と同じように小泉平方面へ進んだのは他に1グループのみ。
また、もう一泊し、付近の花を眺めて過ごすと言う贅沢な人もいた。

ゆっくりテントを撤収し、陽が昇って十分に光量が増えたらマクロレンズに交換して付近のお花の撮影。

DSC_27470315_R.jpg
キタヨツバシオガマ

DSC_24860054_R.jpg
キバナシオガマ
北海道固有種の黄色
ギリギリ見れてラッキー

DSC_27540322_R.jpg
目印となるロープを渡してある雪渓を横断し小泉・緑岳方面へ。
比較的大きな雪渓で、ロープが無ければわかりにくいと思う

DSC_27620330_R.jpg
おなじみコマクサ
本州と変わりはない

DSC_27650333_R.jpg
クモマユキノシタ
北海道固有

DSC_27800348_R.jpg
エゾハハコヨモギ及びシロサマニヨモギの大群生
何れも北海道固有種
中には大雪山にしかないと言う伝説のハクウンヨモギも見受けられた
奥に見えているのは白雲避難小屋

DSC_27900358_R.jpg
リシリリンドウ
同じく北海道固有

DSC_27930361_R.jpg
この辺り一帯が小泉平
荒涼とした雰囲気だが花は多い
正面は小泉岳(もしかしたら逆方向の緑岳かも?)

DSC_27940362_R.jpg
トムラウシ方面を望む

DSC_28120380_R.jpg
チョウノスケソウ
花期には遅く、かろうじて花をつけていたのは2,3株

DSC_24860054_R.jpg
ホソバウルップソウ
これも既に遅く、写真の一株だけがかろうじて先端に花を残していた

DSC_24860054_R.jpg
こんな感じで花は終わってしまっている
ホソバウルップソウの最盛期は7月二週頃

DSC_28250393_R.jpg
小泉岳山頂

DSC_28310399_R.jpg
付近は写真のように荒涼としていてただっ広い

DSC_28550423_R.jpg
おなじみチングルマ

DSC_24860054_R.jpg
同じくミヤマダイコンソウ

DSC_28590427_R.jpg
エゾヒメクワガタ
北海道固有

DSC_28630431_R.jpg
旭岳と裏旭

DSC_28650433_R.jpg
再び北海岳まで極上のトレイルを行く

DSC_28840452_R.jpg
北海岳山頂にてトムラウシ山をバックに記念撮影

DSC_28910459_R.jpg
御鉢平

DSC_28950463_R.jpg
黒岳方面へ向かって下山となります


DSC_29100478_R.jpg
こちらも良い感じの登山道で脇には花も多い
特にメアカンキンバイなどが多かった印象

DSC_29180486_R.jpg
エゾノツガザクラ
北海道の他、東北の一部の山に分布
エゾノツガザクラとアオノツガザクラの雑種と言われるコエゾノツガザクラとらもあるらしい

DSC_29250493_R.jpg
ジムカデ

DSC_29270495_R.jpg
イワヒゲ

DSC_29460514_R.jpg
御鉢平から流れ出る有毒川の渡渉地点
増水すると水がヤバイだけに危険らしい

DSC_29510519_R.jpg
バイケイソウの大群落
すごいですね

DSC_29580526_R.jpg
黒岳石室へ戻って来ました
ガスってきてしまった

DSC_29650533_R.jpg
キタキツネ
話しかけても威嚇しても、完全にシカトされてしまいました

DSC_29670535_R.jpg
黒岳
ガスで展望はなかった
親子連れや日帰りのハイカーで賑わっていました

DSC_29870555_R.jpg
エソシマリス
餌付けされて人馴れしている様子
黒岳七合目にて

そしてリフトとロープウェイを乗り継いで層雲峡へ下山

DSC_29970565_R.jpg
層雲峡
黒岳の湯だったかな?日帰りの入浴施設で汗を流しました

zz909090467.jpg
ランチはトンカツ入り旭川ラーメン
とても美味しくて大満足。マスターもオマケしてくれて1000円でした。



さて、この後はどうしようか?
タウシュベツ橋梁とその起点となる糠平湖もここからは近い。
そう思って一旦は三国峠へ向かったが、どうもイマイチ気が乗らない。

そうだ、北へ行ってみようか!
そしてその瞬間、今日明日のプランが頭の中で繋がった。

しかし、そう思い通りには行かない・・

層雲峡から上川、高速に乗って最北のインターまで行き、そこから交通量皆無の快適高速ワインディグだとマップに書いてあった霧立国道を攻めて日本海へ出る。
そして夕焼け迫るオロロンラインを走って、サロベツ原野辺りで利尻島と日本海へ沈む夕日を眺めてから稚内の無料のキャンプ場で泊まる。

だが、

ざわっ・・

DSC_29990567_R.jpg
霧立峠で工事車の車両火災によりまさかの通行止めを喰らう!
本当にまさかです。
1時間半ほど待たされた。
これで計画がパーになった。
思い描いていた翌日の計画もパーです。

DSC_30060574_R.jpg
サロベツ原野辺りでまったり眺めたかったが、道中で眺めただけの夕日。

DSC_24860054_R.jpg
日没を迎えた天塩にて鏡沼海浜キャンプ場へIN
夕食はセイコーマートで買ったジンギスカン
食後はビール飲みながらメールなどやっているうちに寝てしまった。

もちろん、日没を迎えてもそのまま走れば稚内入りは可能なのでしょうけど、
これから核心を迎える日本最高の国道と呼ばれるオロロンラインを
景色の見れない夜に通過する事など出来る事ではない。


天塩鏡沼海浜公園キャンプ場
一泊500円
サイトは砂地、芝。
他にコテージなどもあり、敷地は大きい。
屋内バーベキュー場や、コインランドリーもある。
海辺にも近く、名の通り鏡沼と言う池もあり泳げる様子。
管理棟の裏手の丘にてしお温泉夕映と言う温泉施設あり(未入浴)。

3日目
白雲幕営指定地-小泉平-小泉岳-白雲分岐-北海岳-黒岳石室-黒岳-層雲峡
層雲峡=上川=剣淵=苫前=初山別=天塩

宿泊地 天塩鏡沼海浜キャンプ場
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
リス
可愛いですね。こちらでもあちこちいましたが、iPhoneでとれるような、ノロマはいませんでした。
韓国語でリスは、「タランジ」ですが、沢庵は「タンムジ」
自分では、「あっ!リスだ」と言ってるつもりが、あっ!沢庵、沢庵と騒いでいるので、オッパ達が、大笑い。
この一週間で四日間登山、大雨雷警報でもいく馬鹿でうるさくて元気な日本人です。
2012/08/19(Sun) 07:36 | URL  | マロン #-[ 編集]
Re: リス
リフレッシュされた夏休みだったようで何よりでございます。
言葉も一つ勉強になりました。
野生動物については色々と問題もありますが、八ヶ岳の某小屋などに住んでいて餌付けされているリスやモモンガなども一向に人馴れしていませんね。
2012/08/20(Mon) 21:42 | URL  | 13B #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: