ガソリンバーナー
2012-04-01 (日) | 編集 |
MSR ウィスパーライトインターナショナル
スノーピーク ギガパワーWGストーブ
DSC_47620003_R.jpg
山、ハイキング、キャンプなどでは基本的にガスではなくこれらのガソリンバーナーを使います。


DSC_48860083_R.jpg
MSR
ウイスパーライトインターナショナル
友人より頂いたガソリンストーブ。さすが世界のMSRだけあってメンテナンスは容易で信頼の出来るバーナー。ただし(国産品に比べると)火力調整に難がある。ポンプユニットは旧式。
火力調整に難があり、ほぼ強火でしか使えないので料理には向かないバーナー。根子岳にて

DSC_47630004_R.jpg
強火で煮込む料理系には良い。しかしダッチオーブン料理などは弱火で料理する事が多いのであまり向かない。笹ヶ峰キャンプにて

DSC_53250009_R.jpg
丸ナス焼き。嬬恋バラキ湖キャンプ場にて

DSC_54320058_R.jpg
温めたり、お湯を沸かすだけのシーンに向く。燕岳にて




スノーピーク
ギガパワーWGリミテッドモデル
DSC_16580119_R.jpg
2001年に発売された2001台限定のモデル。シリアルナンバーは889。火力調整も万能。ただし圧倒的高性能の代償としてメンテ(OH)が非常に面倒。年間使用量は白ガス10~20リットルほど。

DSC_1452_R.jpg
メインに使っているバーナー。ホワイトガソリン100リットル以上の燃焼実績があります。

DSC_2296_R.jpg
タケノコ焼き。風吹大池にて

DSCF0119_R.jpg
ガソリンは低温時でも極端には火力は落ちない。飯綱山にて

DSC_60010097_R.jpg
ダッチオーブン料理にも使える。山田牧場キャンプ

DSC_08450165_R.jpg
火力調整が万能で極小とろ火も可能。風防リングが優秀なので弱火時に風を受けても炎は消えない。炊飯時の火力調整もバッチリ。涸沢にて

DSC_1706_R.jpg
風防セット時(風防はMSR付属のモノ)、冬の上高地にて

DSC_09820055_R.jpg
炎がまっすぐに20~30センチ立ちのぼる。


MSRウィスパーライトインターナショナル&スノーピークギガパワーWG実演動画




火器・調理メインページへ戻る


関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: